お役立ち情報をまとめた、便利なブログです。 最新情報から、ちょっとしたコツまで。 口コミ評価やレビューも載せます。

  便利なブログのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 健康・病気 > あせもの予防法  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あせもの予防法

2010 - 08/25 [Wed] - 00:17

あせもの予防法は?

ちなみに、汗疹と書いて、「あせも」と読みます。
恥ずかしながら、私はこの漢字を知りませんでした。

さて、あせもの予防法ですが、「こまめにシャワーを浴びる」ことです。
あとは、エアコンをうまく利用することも大切です。

「なんだそんなことか」
という声が聞こえてきそうです。

でも、あせもの予防法に特効薬なんてありません。
できるだけ汗をかかないようにする。
もし汗をかいてしまったら洗い流す。

これがもっとも効果的なあせもの予防法だと思います。

クーラー代をケチったばっかりに、子供にあせもができてしまったらかわいそうです。
特に乳幼児の場合は、自分で調節などはできないので、親が気をつけてやるしかないのです。
変な所で我慢したりしないようにしましょう。

特に今年の夏は記録的な猛暑なので、あせもにかかる子供も多いそうです。
しっかりとあせもの予防をしておきたいところです。

特に小さい子供はあせもにかかりやすいものです。
親がしっかりとあせもの予防に気を配ってあげましょう。

さきほど、あせもの予防にはシャワーを浴びるべし、と書きましたが、一つ注意点があります。
それは、石鹸を使うのは一日に一度くらいでいいということです。
あまりひんぱんに石鹸を使うと、皮膚を傷めてしまい、逆にあせもになりやすい体質にもなりかねません。

あと、あせもの予防には、服装にも気を配る必要があります。
これは意外に思われるかもしれませんが、あせもの予防にはノースリーブよりも、半そでの方がいいです。
わきの下の汗を吸い取るためです。

同じ理屈で、あせもの予防には、寝巻やパジャマは長そで長ズボンが理想的です。
ひざやひじなど、汗をかきやすいところを覆うためです。

それから、あせもの予防のためにシャワーを浴びることが難しい場合には、濡れタオルでふくようにしましょう。
これだけでも全然ちがってきます。

また、赤ちゃんのおむつを換えるときにも、蒸しタオルなどを利用すれば、あせもの予防になります。

今年の夏は、とにかく以上に暑いです。

しっかりとあせもの予防をしましょう。

関連記事

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

スポンサードリンク

Add to Google

最新記事

月別アーカイブ

ユーザータグ

楽天

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

最新コメント

CFD生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。