お役立ち情報をまとめた、便利なブログです。 最新情報から、ちょっとしたコツまで。 口コミ評価やレビューも載せます。

  便利なブログのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> アイドル・有名人・芸能 > 大奥と二宮和也  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大奥と二宮和也

2010 - 08/14 [Sat] - 20:09

大奥と「よしながふみ」

「大奥」とは、「MELODY」という雑誌に連載されている少女漫画のことです。
「MELODY」とは、白泉社が隔月で出版しています。
大奥の読み方は「おおおく」なのですが、これがなかなかうまく変換されなくて困ってしまいました。
ハイテク機器も、日本古来の文化にはかなわないのか。
そして、この大奥の原作者は、「よしながふみ」という人です。

この「よしながふみ」原作の大奥の単行本は2010年5月現在で5巻まで出版されています。
第1章の「水野・吉宗編」が2010年に映画化されたことによって、一躍有名になってしまいました。
この映画「大奥」の主演は二宮和也と柴咲コウです。


大奥のあらすじ

この大奥は、関東地方にある、とある田舎の村での出来事から始まる。
その村の少年が、山へ入っていたところをクマに襲われてしまう。
なぜ、これが大奥と関係があるのか。
結局この少年は死んでしまう。
だが、これで終わってしまっては大奥の話は始まらない。
その後、少年の関係者は原因不明の病気で死んでしまったのだ。
それだけではない。
「大奥」の物語の中では、この恐ろしい病気は全国に広まり、どんどんと死者を増やしていくのだ。
しかも、この伝染病にかかるのはなぜか若い男ばかり。
実は、ここがこの「大奥」の重要な伏線なのである。

「大奥」の世界では、この病気のせいで、男の人口は女の4分の1までに減ってしまった。
男からすればうらやましいかぎりだ。
だが女から見ると?
この「大奥」は、こういう設定である。

そしてここからがこの「大奥」の本題である。
江戸城の大奥は、美男3000人を擁していた。
ただでさえ男手が足りないのに、である。
女人禁制の男の城、それがこの物語での大奥の姿だ。

この漫画の面白いところは、男女の立場が完全に入れ替わった大奥という設定だ。
考え方によっては、現代の世相を表しているとも思える。

ちなみに、マンガ雑誌「MELODY」には、大奥について次のように記されている。
・「大奥は日本の江戸時代とは似て非なる物語」
・「男女逆転!パラレル時代劇」

つまり「大奥」はSFなのである。
より詳しく言いかえると、「大奥」は、歴史を改変したSFと言えるだろう。


ヒミツの大奥

「ヒミツの大奥」というDSの恋愛乙女アドベンチャーを見つけた。
なんでも、このゲームは、選りすぐりの婿候補たちと、ヒミツの大奥ですばらしい恋を体験することができるそうだ。
ということは女の子向けのゲームなのか。

メーカーの説明によると、「ヒミツの大奥」は、「大奥」にいる婿候補たちとのおしゃべりを楽しみながら仲良くなっていくという恋愛アドベンチャーゲームなんだそうだ。
こういうもので遊ぶのは男だけかと思っていたのだが、どうやら違うようだ。

「ヒミツの大奥」には、葉桜の章や水仙の章がある。
それぞれ5人の美男子である婿候補が出てくるので、10人分の物語で遊べる事になる。
「ヒミツの大奥」の途中に出てくる選択肢次第でいろいろなイベントが発生する。
もちろん登場人物との親密度も変わって来る。
「ヒミツの大奥」とはまさにギャルゲーの女の子版だね。


江戸城の大奥

大奥と聞くと、なんだかハーレムのようなものを想像してしまうのだが、どうも違うようだ。
この大奥というのは、初代将軍である徳川家康の頃から江戸城に存在していたらしい。
江戸城は3つの部分に分かれていて、
・「表」
・「中奥」
・「大奥」
となっていたそうな。

つまり、大奥とは、将軍の私邸だったのだ。
そりゃいろいろあるわな。
大奥が数々の映画や小説の舞台となったわけだ。


二宮和也の大奥

この大奥が最近急激に脚光を浴びたのは、もちろん、映画のせいだろう。
主演は二宮和也。
そう、映画「大奥」の主役は、あの「嵐」の二宮和也なのだ。
女性が騒ぐのも無理はない。
でも、正直に言わせてもらうと、「大奥」での二宮和也のチョンマゲって、そんなにかっこいいか?


大奥のdvd

ここでいう大奥のdvdとは、「嵐」の二宮和也が主演の映画の事ではない。
菅野美穂, 池脇千鶴, 安達祐実, 野際陽子, 浅野ゆう子といった、日本を代表する女優陣の出演したフジテレビの時代劇ドラマのDVDのことだ。
これまでは大奥といえばこちらを意味していた。
でもこれからは違ってくるだろう。
大奥といえば、「嵐」の二宮和也が主演の映画ということになっていくにちがいない。

関連記事

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

スポンサードリンク

Add to Google

最新記事

月別アーカイブ

ユーザータグ

楽天

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

最新コメント

CFD生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。